ひびき。

c0072740_354391.jpg 前日の深夜に突如、余ってしまったチケットで旧友を勧誘して。出発は午前10時。二人で代わる代わる車を走らせて、辿りついたのは夕暮れの、高台のスタジアム。機嫌の悪い曇り空。
 今まで一番好きだったあの歌が不意打ちで始まって...。俺こんな所でなにやってんだって、妙に客観的になったりもして。ただ、最も泣けた歌が「終わりなき旅」だったことは、喜ぶべきことだと思えます。ただ、いかんせん今は、聴けない曲が多すぎるかな。
 月の浮かぶ帰路のハイウェイ。スピードと爆音のなかで。いつか、今は聴けなくなった歌がまた聴きたくなって、あの大好きだった歌にも新たな感情が宿った時には、その時には、また笑顔で会えるかな。そんなことを考えていました。
[PR]
by kaz-young | 2007-08-05 04:07 | 泡沫浮世夢日記


<< Sign. やわらかい風。 >>